スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない歯科医?

5年ほど前に歯医者で治療を受けたとき、
歯槽膿漏だと言われ気をつけてきました。
ここ2、3年で前歯にあったゴマ粒ほどの隙間が、今では完全に
隙間が開き一本一本が独立した状態になってしまいました。

それで、実家のそばの歯科医は通うのも大変なので、
自宅に一番近い歯科医を選びました。
建物はかなり古い木造で、中に入るとやっぱり昔風。
薄暗い待合室に受付は小さな窓があってそこから診察券などを差し出します。
う?ん・・・レトロ。

今日は2回目の診察の日。
心配した歯槽膿漏は破壊が少ししか進んでいないと言われ
ほっとしましたが、毎回歯のブラッシングです。
虫歯もしっかりありましたが、それは歯石が完全に取れてから。

・・・・
歯石取りって・・・今まで他の歯科では機械で取っていたのに、
ここでは先生のブラッシングで取るようです。
先生は51歳。

「ココが取れていないんだよね。まぁ、見えないから仕方ないけれど・・ボクしかできない。ボクがすれば歯につやが出るんだよね・・・みんなボクのブラッシングを受けると違うって言うんだ・・・ブラシの当て方が違うんだよね・・・ほら毛先が離れない・・・あなたのやり方は離れてるんだよね・・・だから効率が悪い・・いくらやっても汚れは落ちない・・・違いがわかるでしょ?・・ボクしかできないんだから・・長年のキャリアが違う・・・ボクが見違えるほど綺麗な歯にしてあげるから・・・ブツクサ・ブツクサ・・・」

まぁ、いろいろブツブツ言っていました。^^;
30分も掛けてブラッシングと独り言。
よくある秀才タイプの先生。
この先生の事を螢は危ない先生orオタク先生と心の中で呼んでいます。

まぁ、今はヒマだし、今時予約制ではなくこちらの都合のいい日時に行けばいいので気楽ですし、何といってもたった320円でブラッシングしてもらえて歯もピカピカになるのなら黙って独り言聞きます。

でも、歯石が取れないと虫歯治療してもらえないので、
家でもオタク先生おすすめのデンターシステマを購入して
お風呂に入りながらブラッシングに励んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。