スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックな話・・・

今日、動物愛護センターにどうしても訊きたい事があったので 
電話をしました。 
 
先月の終わり頃、久々にネットで知り合ったHさんと電話で話をしました。 
その時にレオのことを訊かれたので亡くなった事を伝え、 
迷いながらもレナを飼った事を話しました。 
 
その時に「そんなお金を払って飼うぐらいだったら、 
なんで動物愛護センターの仔たちを飼ってあげないの?」 
言われました。 
もちろん、言われるまでもなくそれも考えました。 
レナを飼うまではいろいろと悩みましたから。 
でも螢はどうしてもレナちゃんが良かったのです。 
何か・・・レナを飼った事が悪いような言われ方をしました。 
 
そして動物愛護センターで引き取り手のない子達は 
その日のうちに保健所で処分されてしまうと聞かされました。 
以前、そのような話を聞いた事がありますが 
一度ちゃんと訊いてみようと思い動物愛護センターへ電話したのでした。 
 
担当の方が言葉を選びながらその実態を教えてくださいました。 
犬に関しては登録が義務付けられているので、 
捨て犬や野良犬は猫より少ないと言っておられましたが、 
それでも毎月ものすごい数のペットちゃんたちが 
何らかの事情で愛護センターに引き取られているそうです。 
 
明らかに病気の子、引き取り手のなかった子はやはり保健所へ連絡して 
安楽死の道が待っているそうです。 
とても胸が痛みました。 
 
Hさんは捨て猫や捨て犬を拾ってきて飼っていらっしゃるので、 
それはとても素晴らしい行為だと思っています。 
でも、そうじゃない仔たちを飼っていることを 
非難される覚えはありません。 
 
「どうして飼ってあげないの?」の問いかけに対しては 
飼い主の勝手な都合で手放す無責任な人たちへ言ってほしいセリフです・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。