スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持の切り替え

カレンダーを見たら、もう、12月。 
まだまだ暖かくコートを羽織るような寒さではありません。 
 
レオが亡くなって1週間・・・ 
毎日とても悲しくて辛かったけれど、少しずつ気持も落ち着いてきました。 
 
今日は裕がこちらの方へ買い物に来るというので 
お昼は一緒に近くのスーパーで待ち合わせをしてここのラーメンを食べました。 
考えてみたら、ここはラーメン激戦区。 
もっとおいしいラーメン屋さんがたくさんあったのに・・・ 
今度、おすすめのラーメン屋さんへ連れて行ってあげようと思います。 
 
お昼前にレオがお世話になった獣医さんへお礼をしてきました。 
先日指の治療に外科へ行ったら、そこの医師はとても感じが悪く、 
レオの病気が人間にも感染するのか尋ねたら 
「そんなことは獣医にしかわからん」 
と言い、こちらからウィルス検査をお願いしないとしてくれませんでした。 
ウィルス検査といっても血液検査一般とHBSとHBCの検査でした。 
 
そんなわけで獣医さんに感染に関して訊きたかったのです。 
そしてもし、また新しい子を飼うならどのくらい間を開けたらいいのかを 
訊いてきました。 
 
人間には感染しないので指を噛まれても大丈夫ということでした。 
安心しました。 
レオの病気も24時間感染源から離れれば大丈夫だと言われました。 
 
先生に淋しくてしょうがないと言ったら知り合いの猫やさんに 
ロシアンブルーの子がいるか訊いてくださる事になりました。 
4ヶ月ぐらいの子でウィルス検査をして大丈夫な子がいれば 
紹介してくださる事になりました。 
 
でも、帰ってからレオちゃんに悪いかな・・・と思いました。 
そしてもし、そのこがウィルス抗体を持っていたらその子はどうなるのかな?って・・・ 
好きで病気になるわけじゃないのでそんな人間の勝手な行為で飼わないなんて可哀相過ぎます。 
どんな子が来ても迎えてあげたいと思っていますが、 
サンヒョクがなんというのかわかりません。 
いつになるかわからないけれど、いい子が来てくれるといいな・・・ 
 
レオは新しい子を飼う事をきっと許してくれると思います。 
賢くて優しい性格の子だったから・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。