スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくすり

レオちゃん



今日は昨日までの暖かな空気から、一気に冷え込みました。 
冬がそこまで来ています。 
 
今日はサンヒョクが車でレオを病院へ連れて行ってくれました。 
歩いていくと15分ぐらいかかるのでとっても楽でした。 
 
抗原抗体検査報告書を渡されました。 
猫伝染性腹膜炎ウィルス抗体が12800倍。 
普通の子だと100倍ぐらいだそうです。 
128倍・・・ 
 
ご飯を食べるようになったので体重も増えているかと思ったら 
減っていました・・・3キロをきってしまいました。 
でも、脱水症状は少し改善されてきたと言われ、少しホッとしました。 
 
ここまでになると後はどんどん衰弱していくと言われました。 
あと1ヶ月・・・・でも、薬と注射と環境を整えてあげる事で 
延命できるとおっしゃいました。 
おそらく親猫からの感染だと思います。 
他の兄妹も同じような事になっている可能性が高いと先生がおっしゃいます。 
空気感染はしないとの事。 
なめあったりして感染するそうです。 
 
ワンコのワクチンはあるので大抵は命拾いをするそうです。 
でも、ニャンコはワクチンの研究開発がまだなので 
この病気になったら諦めるしかないそうです。 
 
夕食に粉のお薬を混ぜました。 
食べてくれるか不安でしたが、一口だけ残してしっかり食べてくれました。 
 
レオちゃん、今日の注射はめちゃめちゃ痛かったね。 
はじめて暴れてしまったね。 
でも、痛いの我慢して2本目はじっといてたね。 
おりこうさんだったね。 
お薬もちゃんと飲めたね、レオちゃんは本当によい子だね。 
ご飯一杯食べて病気、治そうね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。