スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由の旗の下に・・・

風邪がだんだんひどくなって来ました。
コンコンと咳まででるようになりました。
今夜はミルクたっぷりのあたたかいココアを飲んで休むことにします。

今日はハーロックやメーテルの気持ちがわかるような出来事が・・・

数日前某所で螢は自分のアルカディアを一人の青年に託すことにしました。そのときはいろんな事情からアルカディア号の航行を止めるしかないと判断してのことだったから・・・。それにあの賑やかなあのアルカディアは彼が適任だと思いました。

乗組員たちも艦長が代わる事に戸惑いを感じたことでしょう。でも、それもはじめだけ。今ではすっかり彼の目指すアルカディアへと船は向かっています。彼は螢の色を残せないことを気にしていたけれど、それは当たり前のことで気にすることもないことなのです。
螢がお願いしたのは『自分らしさ』を出すこと。そう、自分の意思や信念のある旗を揚げて欲しかっただけ。
だから今のあのストレートな風の色でいいのです。ちゃんと螢の精神を受け継いでいてくれるのが何よりも嬉しいのです。

そして、螢自身も意外と早くまた自分のアルカディアを再び動かせる時が来たので旗を揚げました。それに関していろいろと困惑している人たちも多いことでしょう。気を回しすぎてしまった人も・・・。
何よりも自分が決めたこと。自分がまた自分の目指すアルカディアを持ちたいと思った・・ただそれだけ。
彼もまたそんな螢の気持ちを受け入れ理解してくれているし、彼とは違うアルカディアを目指していこうと思っています。

お互いに違う旗を掲げても理解しあえる仲間でいたいと思います。
これからはお互いの自由の旗の下にお互いのアルカディアを目指して航行していきます。

ハーロックよりはメーテルの心境に近かったかも・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。